2012年6月14日木曜日

童心と食玩

皆さんは「もじバケる」というおもちゃを御存知ですか?これは食玩の一つで漢字形態から動物に変化するおもちゃです。5まで出ていて、その上コロコロコミックと連動している、もじバケるG、G2というものも出ている人気のある食玩です。


なぜいきなりこんな記事を書いているのか不思議に思う読者が多いと思います。実はメンバーの家からいろいろな荷物と一緒に(なぜか)もじバケるが送られてきたからです。自分たちもなぜ送られたのかよく理解できていないのですが・・・まあ親から見たら何歳でも子供なのでしょう、きっと。

そんなこんなで送られてきたもじバケるを紹介しているわけです。


実際に変形させてみると結構おもしろかったです。特にハチバケるがお気に入りで、変形がこの中で一番おもしろいと思います。


文字の状態からここまで変わるので
しかしCARPは大学生の組織なので、大学生数名が食玩で遊んでいたことになります・・・その光景は、はたから見ればきっとシュールだと感じたことでしょう。

こういった食玩はついつい集めてしまうもので、子供のころは弟と一緒にほねほねザウルスを集めたものでした・・・(皆さんは知っていますか?骨の恐竜や骸骨がデフォルメされた食玩です)


きっと今の子供もこのような食玩をお母さんにねだっているのではないでしょうか。時間がたつとなんで集めていたのだろうと不思議に思うものですが、集めている間は本当に楽しく、かつ真剣になっていたなあと懐かしくなりました。

今回は童心に帰ることができたという記事でした。皆さんも子供心を取り戻すことができたでしょうか?それでは次回の更新をお楽しみに。