2012年7月7日土曜日

侍のプリン

 皆さんはプリンという洋菓子を御存知ですか?これは英語ではカスタードプディングといい、プリン型のそこにカラメルソースを入れてから牛乳と砂糖を混ぜた卵液を流し込み加熱してカスタードを凝固させたものをいいます。一般的にはカラメルソースが上になるようにひっくり返して型から抜き食べることが多いですが、最近ではそのまま器に入れた状態で食べるようになっている市販品も増えてきています。



この書き出しに見覚えのあるという読者も多いかもしれないですが、なぜこんな記事を書いているかというと、なんとOBの方からプリン本舗というお店のプリンを持ってきていただいたからです。(この場をもう一度感謝の言葉を贈りたいと思います。本当にありがとうございました。)


いろいろな味のプリンをいただいたのですが、その中でも最も印象に残るプリンがありました。その名も「侍のプリン」!!名前もすごいですが大きさもすごいもので160gもあります。


写真を見てもあまり大きさが伝わらない気がしますが、本当に大きかったです。一口もらったのですが、硬めのプリンで、これは食べ応えがあっていいなと思いました。


他にもいろいろな味がありましたが、一風変わっていたのが「えどあじ」というもので、カスタードには豆乳と和三盆を使用しているプリンです。これがとても好評で絶賛されていました。


ちなみに私が食べたのは「ミルクリッチ」という味のものです。かなり柔らかいプリンで、とてもおいしかったです。


テストの前に持ってきてくださってとてもいい息抜きになりました。本当に多くの人の支えの中で大学生活は送ることができているのだと強く感じます。見守ってくださっている人のためにも頑張ってテストを乗り越えていきたいと思います!!