2012年1月30日月曜日

北大植物園!

最近CARPメンバーで北大植物園に行ってきました
冬は温室しか開いていませんでしたが^^;
写真も撮れたので、少し紹介したいと思います

温室は一号館、二号館とありました
一号館は亜熱帯植物、シダ植物を展示しています

これは一号館にあったバナナの木です(少し逆光になっていますが)
札幌にいて亜熱帯の植物が見れるなんて!と少々興奮しておりました
シダの方は、季節がずれていたのかきれいな花はありませんでした

二号館は、食虫植物、ラン科と類似する植物、サボテンなどがありました
ランはちょうど見ごろだったようで、きれいな花が咲いていました
ここはぜひ見にいってください、ということであえて写真は載せません(^_^.)

これはウツボカズラです
虫の取り込み式としては、落とし穴式というそうです
虫が口の中に入って来たら、消化液で溶かして養分として吸収するとか
展示していた食虫植物はこれだけでしたが、他にもいろいろと種類はあるようです
ここに展示しているということは、北大でどなたかが研究しているということでしょうか


サボテン等乾燥地帯の植物を展示しているところは、まさに荒野という雰囲気でした
サボテンが多くありました
自分の背の丈よりも大きいサボテンも多く、荒野の風景がやすやすと想像できました

全体としては、研究用だからか展示用にきれいに飾っているわけではありませんが、
普通の植物園ではあまりみられない珍しい植物がみれてよかったです
この時期は温室だけしか開いていませんでしたが、春や夏に行けば温室の外にも
多くの緑と花が見れるようです
近くに旧道庁もありますし、機会があれば植物園に行ってみるのもいいかもしれません(*^_^*)

プリンセストヨトミ


先日はCARPのメンバーと映画を見ました  

プリンセストヨトミという映画でした

聞いたことない映画だったんですが

色んな意味で面白かったですね(笑)

※以下ネタバレ注意



















実は豊臣家の血は途絶えてなくて

今も大阪に子孫がいるらしい

その王女を守るのが「OJO 」という団体らしいです

OJO、おじょ、おーじょ、王女………

…………うん…




あと女の子になりたいっていう

中学生の男の子がいたけど

セーラー服着てる以外は言動とか

完全に男でした

ほんとに女の子になりたいのか? 



  
そしてどうやら大阪国というのがあるらしいです     

日本政府からも認可が降りてるとかなんとか 

日本じゃないらしいです  

独立したいらしいけどなぜか日本から援助してもらってるよく分からない国です 

果たして本当に独立する気あるのか? 

つまり大阪は外国って事ですね 

どうりで日本と違う言語を公用語にしてるわけだ 

今度から大阪行く時はパスポート持っていかんと(⌒▽⌒)
   

    

まあ突っ込みどころも多かったですけど

終盤は 

この映画のテーマである

親子の愛について感じました 

親と子の絆というものは素晴らしいですね!

やっぱり家族っていいですよね  

  

家族の絆を深めていきたいと感じたり、誰とでもこういう家族のような関係を築きたいと感じさせられる映画でした! 

気になった方はお近くのレンタルビデオ店へ

2012年1月22日日曜日

サクラサケ!!


センター試験が終わりましたね〜。
毎年この時期になると、自分の受験生時代を思い出します(´∀`;)

北大の合格発表の日、自分よりも喜んでくれた母...

「はぁ〜これでゆっくり寝れる」

その母の一言が衝撃的でした。

「え、今まで寝れてなかったの!?(((((;°д°)))))」

そんなそぶりは見せていなかったものの、内心では息子の受験を相当心配していたようです。
そういえばいつの間にか親がテレビ見なくなったのも、息子の受験勉強の妨げにならないようにっていう気遣いだったのかなーなんて考えながら、親の愛を感じた高3の3月でした。

大学に合格したときのあの親の喜ぶ姿を思い出すと、期待を裏切らないためにも頑張らないとなぁーと気を引き締められます。初心に返るって大事ですね。


二次試験まで残り一ヶ月!
全国の受験生と、その親御さんたちに幸あれ☆

2012年1月8日日曜日

あけましておめでとうございます

タイトルにも書きましたが、あけましておめでとうございます。
今年も自分たち北海道大学CARPの活動を公開していきますので、何卒よろしくお願いします。


堅い話はこのくらいにして・・・箱根駅伝見ましたか?自分は正直他に見る番組があまりなかったのもあるのですがしっかりと見ました。

東洋強すぎだなあと思った方も多いのではないかと思います。圧倒的すぎて復路は見なくても勝つだろうとは考えていたのですが、まさか記録を8分も縮めるとは。

去年はたった21秒差で早稲田に負けてしまって悔しい思いをしたと思います。皆がどうして一人当たり1~2秒縮めることができなかったのか、その後悔をばねにして大きく飛躍していった東洋です。その姿をみると一つの目標に一体化して取り組むことが成果につながるのだなーとしみじみと感じます。

柏原選手が抜けた後の東洋がどうなっていくのか興味は尽きないですが今日のところはこのくらいにしておきましょう。
北海道CARPも一丸となって頑張っていきますのでよろしくお願いします。